小顔施術で美貌をゲット|理想的なルックスを手に入れる方法

レディー

スッキリとした顔になる

美容整形

パーツを意識する

小顔整形というのは、近年非常に人気が高くなってきています。そのため施術を受ける人も増加の傾向にあるのですが、小顔というのは顔そのものの大きさだけで決まるものではないということを知っておくべきでしょう。確かに、実際にエラやアゴなど輪郭そのものを削ることで小顔にすることは可能です。しかし、そうした施術を行なったとしても、大きく見えてしまう場合もあるのです。これは目や鼻などといった、顔のパーツの大きさや配置が関係しています。つまり逆に言えば、輪郭の修整といった大がかりな小顔整形を行わなくても、顔のパーツの修整のみで小顔を手に入れられることもあるというわけです。そのため、小顔整形だからといって、輪郭に手を加えなければならないといった考えは捨てることが大切です。小顔整形を受ける場合には、まず輪郭よりも顔のパーツに注目するようにすると良いでしょう。そのためには施術前に、医師としっかりと相談することが大切となります。「顔を小さくする」ではなく「顔を小さく見せる」という意識を持つようにすると、失敗は少なくなります。少し目を大きくしたり鼻筋を通したりしただけでも、驚くほど小顔に見えるようになる人というのは少なくないのです。

希望の顔になる

小顔整形には、いくつもの種類があります。それぞれに特徴やメリットなどにも違いがあり、最適な方法を選ぶことで希望の小顔に近づけるようになっています。例えばアゴへのヒアルロン酸注射によるものなどは、注射1本で行えますので施術時間が非常に短いといった特徴があります。平均10分程度で終わります。これによって顔全体が引き締まって見えるために、凹凸の少ない人に向いた方法です。顔の周りに脂肪が付いている人の場合には、脂肪吸引が向いています。これは脂肪細胞そのものの数を減らしますので、高い持続力が特徴でシャープな輪郭を作り出してくれるものです。アゴやエラ、頬などを削るタイプの整形では、顔の大きさそのものを小さくできるのが特徴でしょう。一般的に、顔の印象が優しくなるといった特徴も持っています。施術は口の中から行いますので、傷跡が目立つといったこともありません。頬骨を削るものでは、鼻が高く見えるようになるといったメリットもあります。顔のパーツの修整によって小顔効果を引き出すタイプの場合には、大きさだけではなくパーツのバランスそのものを変えることも可能です。それによって希望とする印象の顔に近づけることができるのです。